Blog&column
ブログ・コラム

ダイエットのための運動に適しているのは食前?食後?

query_builder 2021/05/15
コラム
food-healthy-meal-dinner (1)

ダイエットのために運動をしている方は、食前と食後のどちらのタイミングで運動を取り入れていますか?どちらにもメリットとデメリットがあるので、運動の種類によってタイミングを変える必要があります。
しかし、食前と食後でどのような違いがあるのかわからないという方もいると思います。
そこで今回は、食前・食後に運動するメリットとデメリットについて解説していきます。

▼食前に運動するメリット・デメリット
食前に運動するメリットは、エネルギーとして脂肪が分解されやすいということと、運動後に食事をとることで食べたものが筋肉の修復に使われやすいということです。
運動をすると筋肉が疲労し傷ついているので、運動後の食事で傷ついた筋肉を修復させることができます。

一方、食前に運動するデメリットは、低血糖になりやすいということです。
極度の空腹状態では体にエネルギーがないので、運動することで使いきってしまう可能性があります。
そうすると低血糖に陥り動けなくなります。
最悪の場合意識を失うこともあるので、食前と言えど軽食をとってから運動するのがおすすめです。

▼食後に運動するメリット・デメリット
食後に運動するメリットは、運動の強度を上げやすいということです。
食後は体に十分エネルギーが補充されているので、いつもより運動強度を上げやすくなります。

一方、食後に運動するデメリットは、消化不良を起こすことがあるということです。
食後の運動ではエネルギーが燃えにくく、食べ物を消化するためにたくさんの血液が内臓に送られます。
その状態で激しい運動をすると、消化不良を起こしやすくなるので注意が必要です。

▼まとめ
食前と食後では運動の効果が異なるので、運動の種類によって適した方を選びましょう。
ダイエットのための運動に関してわからないことがあれば、ぜひ出張パーソナルトレーニングみらいBASEにご相談ください。

NEW

  • 選び方のポイント!フィットネス・スポーツジムの特色とは?

    query_builder 2021/03/09
  • しっかり食べて、健康的に身体作りをしよう!

    query_builder 2021/02/26
  • 主婦は太りやすい?ダイエットをしなければいけない理由を解説

    query_builder 2021/09/15
  • くびれを作るためのトレーニング方法とは

    query_builder 2021/08/22

CATEGORY

ARCHIVE